産業界のニーズに対応した教育改善・充実体制整備事業[文部科学省 選定取組]仕事をデザイン創造する産学官連携人財育成教育

取り組み紹介

実際に行ったSPU(Small Project Unit)活動等の取り組みをご紹介します。

25年度 SPU活動取り組み紹介

テキスタイル産業界との連携による教育プログラム[モデル事業]

四国タオル工業組合との連携により、以下一連のプログラムを実施することで、大学と産業界を結びつけるプロジェクトベースの学修の場を作る事が出来た。

1)今治タオルに関するレクチャー を聴講し、 2)学生が自己のポートフォリオを企業人に対しプレゼンした。そして、 3)実習授業課題「オリジナルタオルの提案」に取組み、歴史や現状の調査、コンセプト形成、織りテキスタイルのサンプルつくりを経て、試作を製作した。 4)その授業成果を組合へプレゼンし、企業の視点からの意見に対峙した。そして 5)生産現場を見学し情報収集を図った。

島田 清徳

担当教員:島田 清徳
所属:造形デザイン学科

樫尾 聡美

担当教員:樫尾 聡美
所属:造形デザイン学科

25年度 SPU活動取り組み紹介

おかやまの観光グッズ・観光ポスタープロジェクト企画提案事業[モデル事業]

岡山市の観光拠点化をはかる「出石しろまち工房」および「egg」を舞台に、学生の企画提案による「観光グッズ,ポスターおよびAR観光案内」の制作物を総合展示、(公社)おかやま観光コンベンション協会・岡山県(岡山後楽園)関係者に対してプレゼンテーションを実施した。評価では,製品化や実用化が期待されるとして、プロジェクトの継続的実施の要望が出された。

吉原 直彦

担当教員:吉原 直彦
所属:造形デザイン学科

25年度 SPU活動取り組み紹介

造形ワークショップ企画提案事業

関﨑 哲

担当教員:関﨑 哲
所属:造形デザイン学科

学生の持つスキルを用いて、教育や文化の分野での活動を開発することを目的として、岡山県立美術館での企画展に関わるワークショップを企画・実施した。展示作品の鑑賞で見つけたものを、図案化し、スタンプを制作するというもの。

25年度 SPU活動取り組み紹介

岡山まちの夢 学生発☆地域の宝プロジェクト

金丸 敏彦

担当教員:金丸 敏彦
所属:デザイン工学科

子どもを対象にしたエコ・ワークショップとして「おしゃれにエコ!かんタンブラー」を実施した。オリジナルタンブラーを日々の生活で使用し、エコに対する理解を深めてもらうのが目的である。

25年度 SPU活動取り組み紹介

国吉ミュージアムグッズプロジェクト企画展示(そこにクニヨシ)

吉原 直彦

担当教員:吉原 直彦
所属:造形デザイン学科

平成24年度実施の同プロジェクトの企画提案展示。

公益社団法人岡山観光コンベンション協会(官)および公益財団法人福武教育文化振興財団(民)の後援によりベネッセホールディングス会長福武總一朗氏所蔵の郷土(岡山市出石町)出身画家・国吉康雄の作品を題材にグッズを企画提案することにより、ミュージアムおよび観光グッズの両面から、その可能性について評価を得ることを目的とした。

25年度 SPU活動取り組み紹介

株式会社キャットアイとの産学共同事業

三原 鉄平

担当教員:三原 鉄平
所属:デザイン工学科

サイクロコンピュータ(自転車用コンピュータ)は、スマートフォンの普及やスマートフォン連動型スポーツ用品等の登場により、機能による差別化が困難になりつつある商品の一つである。

本実習では株式会社キャットアイと連携し、プロダクトデザインコースと情報デザインコースが共同でグループワークによる実習を行うことで、「機能」ではなく得られる「体験」に価値を置いた、新たなサイクロコンピュータの提案を行った。

25年度 SPU活動取り組み紹介

ママカリ消費促進を目的としたコンテンツの開発

中西 俊介

担当教員:中西 俊介
所属:造形デザイン学科

演習授業「グラフィックデザイン実習Ⅳ」において、ママカリの消費促進のためのデザイン企画提案を行った。学生6名が連携先企業の林鮮魚店と協働して絵本やグッズの製作し、岡山市内で展示発表を実施した

25年度 SPU活動取り組み紹介

鳥取県LED照明機器メーカーとのSPU授業

森下 眞行

担当教員:森下 眞行
所属:デザイン工学科

鳥取県の伝統工芸「因州和紙」を使ったLED照明デザインに挑戦

LED光源を使った照明機器を製造する鳥取県の(株)フェアライトとのSPU事業として、鳥取県の伝統工芸「因州和紙」を使った新しい照明デザインに取り組んだ。鳥取県の伝統工芸を学ぶため、あおや和紙工房での紙すきを体験した後、作品をあかり展に応募した。

25年度 SPU活動取り組み紹介

「そうじゃ水辺の楽校」のサインデザイン等提案

野宮 謙吾

担当教員:野宮 謙吾
所属:造形デザイン学科

3年生実習課題として、そうじゃ水辺の楽校(総社大橋から下流約1.2km間の高梁川河川敷)に設置するサイン等の提案活動に取り組んだ。フィールドワーク調査により現状の問題を分析、次に4班に分かれ、解決を図るためのデザイン制作・提案を行った。

ページTOP