産業界のニーズに対応した教育改善・充実体制整備事業[文部科学省 選定取組]仕事をデザイン創造する産学官連携人財育成教育

プログラムについて

岡山県立大学の取組

今日、大学の実学的デザイン教育は、基礎教育における幅広い知識の修得、造形スキルの鍛錬及び社会提案に向けた企画提案力の涵養から構成されると考えられる。「企画提案力」は言い換えれば「(商品開発等)仕事を創造する力」であり、学生における課題発見・解決力やマネジメント力等の涵養が求められるが、本学では十分に育っていない。

一方地域産業界の側では、未だ造形意匠を扱うのがデザイナーであるという認識が強く残っており、「自律心をもって」仕事を創造する総合力としてのデザイン力についての社会的認知が進んでいない。そのため仕事の創発に意欲がある企業は多いが、地域においては「デザインマネジメント」の考えと巡り会う機会が少ないと見られる。以上のギャップを埋めるため、サテライトラボにおける連携的な企画提案取組等を活用し、産学官連携教育を拡充させる。

テーマグループ3「フィールド系教育の改善・充実」及びサブグループ3「産業界のニーズに対応した自律的な技術者養成プログラムの実施」と本学取組との関係

産学官連携デザイナーの巣づくりネットワーク体系図

本学の属するテーマ3グループでは、社会・就業体験など実践・実習型の教育プログラム(PBL 等)が業界・業種等のニーズにどう結びついているかを検証し,その改善・充実を図ることを目標としている。

このうち本学では、サブグループ3に属して「産業界のニーズに対応した自律的な技術者の養成」を成果目標として取組む。本学では成果目標に沿って「仕事を上流から企画提案でき、かつ必要なスキルを併せ持つ自律的なデザイナー養成」に取組む。そのため、従来実施の技術者としてのデザイナー教育に加えて、デザインマネジメント力を備えた、仕事をデザイン創造する人財育成教育を実施する。

本学の実施計画

1.岡山県立大学デザイン学部の専門教育を通じた人財育成

  • 初年次キャリア教育から、地域シーズ及びニーズ開拓のための基礎教育を経て、学生の主体的な課題発見・解決活動(企画提案活動)実現のため、学年等に応じた教育内容を充実させる。
  • 幅広い視点によるデザイナー就業に備えて、学生におけるセルフマネジメントやデザインマネジメントの取組を促すため、総合的なマネジメント教育をプログラムし、充実させる。
  • SPUなど学生による企画提案活動支援に向け、「産学官連携・デザイナーの巣づくりネットワーク」拡充整備に臨み、産学官連携での「ものつくりベース」のキャリア教育推進拠点を整備・活用する。
【24年度】
初年次キャリア教育、電子カルテ活用による自己管理と将来展望を目指した授業展開を拡充実施
デザインマネジメント力を高めるため、専門科目における萌芽的SPU課題取組を段階的に実施
仕事の創発について学生の企画提案力育成のため、サテライトラボ「egg」を創設し専用備品を設置・活用し、テーマグループ校や製造業等と「ものつくりベース」のキャリア教育に関する課題共有を実施
【25年度】
マネジメント専門講義の創設に加えSPU活動採用授業科目の創設を実施
サテライトラボ「egg」活用プログラム件数の拡充を図り、産業界連携SPU課題開発の拡充を実施
【26年度】
サテライトラボ「egg」活用による実践的なプロジェクト演習科目を創設するとともに産業界連携SPU課題開発件数の拡充と評価手法改善を実施し「デザイナー人財のためのガイドブック」作成に生かす

2.岡山県立大学デザイン学部の地域産業界等との連携取組

  • 本学の産学官連携活動の実績を生かし、産業界・自治体等のシーズを生かすデザイン人財育成上の課題など、情報交換や協議ができる「産学官連携・デザイナーの巣づくりネットワーク」を拡充する。
【24年度】
従来の「産学官連携・デザイナーの巣づくりネットワーク」を拡充、県内産業界・自治体や連携校を交えた協議機関を設置、学生課題の募集や「人財」育成のための課題抽出などの活動を実施
包括協定を結ぶ総社市に加えて各県民局や産業振興課など県の関係機関と連携し、産業振興のための施策やシーズ、ニーズについて意見交換の場を設定、課題募集や成果報告などの活動を実施
【25年度】
「巣づくりネットワーク」における協議機関への参加団体等の拡充と課題開発を実施するとともにテーマグループ連携校との情報交換、教育交流ならびに連携シンポジウムを実施
【26年度】
「巣づくりネットワーク」参加の産業界・自治体との人財育成・評価に関する定着活動を実施するとともに連携校との情報交換、教育交流ならびに取組期間を通じた産学官連携教育の評価活動を実施

3.岡山県立大学デザイン学部と連携校との取組

  • ものつくりベースでの仕事を創造する人財育成について、連携校と必要な情報交換・教育交流を行い、専門性の違いを超えて共有すべき教育内容や手法について協議し、取組に生かす。
  • テーマグループ校等とのシンポジウムやワークショップを実施、産業界等からの意見・評価を得る。
【24年度】
テーマグループ連携校とサテライトラボ等を拠点とした教育交流及び連携シンポジウムを実施

ページTOP