仕事を「こなす」人材から仕事を「創る」人財へ─。

仕事を「こなす」人材から仕事を「創る」人財を育成することが求められている今日、デザイナーやエンジニアとして世に出ようとする若者たちに求められる要件とは何か。

岡山県立大学は「産業界のニーズに対応した自律的な技術者養成プログラム」のテーマのもと、
地域産業界、自治体と連携し行う取り組みを「産学官連携によるザイナーの巣づくりネットワーク」と名付け、プログラム実施の拠点「サテライト・ラボ egg」を中心に様々な活動を行っています。

産学官連携デザイナーの巣づくりネットワーク

satellite lab egg

新着情報

2015.03.31
取り組み紹介に26年度の活動報告を追加しました。
2015.01.14
サテライト・ラボ egg イベントカレンダーを更新しました。
2014.10.02
取り組み紹介に25年度の活動報告を追加しました。
2014.01.15
サテライト・ラボ egg イベントカレンダーを更新しました。
2014.01.15
取り組み紹介に25年度の活動報告を掲載しました。
2013.07.12
サテライト・ラボ eggページを更新しました。
2013.05.02
岡山県立大学学長からのごあいさつを更新しました。
2013.02.20
シンポジウム開催のお知らせ(※申込は締め切りました
2月21日(木)10:50~ 岡山国際交流センター2F
岡山県内の企業関係者と連携校関係者をパネラーに招き、事業開発の可能性や人材育成上の課題などについて討議し、産官学一体となって目標に向かうため、より具体的な指針を求めていきます。 →お知らせPDF
2013.02.20
サテライト・ラボ egg 見学会のお知らせ
2月21日(木)14:00~15:30
本事業にて導入し、連携校との活用も予定する3Dプリンタを用いて、岡山県立大学デザイン学部生による、製品の企画提案・モデリングの実際・デザインや工学に共通する「仕事創造」のためのエンジニアリングやマネジメント等について意見交換を行います。 →お知らせPDF
2013.02.20
岡山県立大学デザイン学部「仕事をデザイン創造する産学官連携人財育成教育」のホームページを開設致しました。
2013.01.15
サテライト・ラボ eggに新しい3Dプリンタを導入しました。
 
 

もっと見る

閉じる

ページTOP